寿司店への転職

寿司店への転職に関する飲食店の厳しさ

飲食店への転職を考えている人と言うのは非常に多いです。接客業が好きと言う方にとっては非常にやりがいのある楽しい仕事なのです。その中でも寿司店への転職をする場合、一般的な飲食店への転職に比べて多少学ぶことが多い可能性があります。寿司店と言うと、イメージとしてはその業務を覚えるのに非常に厳しい修業を繰り返し、何か月もかかってやっと一人前になると言うイメージが強いです。

確かに、昔ながらの寿司屋ではそのような風潮は未だに残っているところもあるでしょう。その場合、米の炊き方から始まり、水場の掃除など雑用から学ぶと言う非常に大変な業務をこなしていかなくてはなりません。しかし、一人前になったあかつきには非常に楽しくやりがいのある毎日を送ることが出来るでしょう。しかし、最近では、チェーン店も多く出店してきています。

今では、各地にチェーン店が出店し、気軽に家族でも行けるお店として人気を博しています。しかも、値段も昔ながらの寿司屋に比べて非常にリーズナブルです。このチェーン店への転職を考えている場合、まずは接客業からスタートすることが多いようです。その後に、実際に寿司を作っている部門に配属されるケースが多いです。

しかし、チェーン店では、大型の機械を使って寿司を握っているケースがほとんどです。ですので、その使い方やマニュアルを覚えてしまえば、比較的容易に寿司を作ることは出来ます。ただし、チェーン店と言うのは、企業です。企業の一員としてやはり学ぶべきことと言うのは非常に多く、また、社員として転職した場合には、スタッフのシフト管理から店の売上の把握、問題点の指摘、改善など、様々な付帯業務があります。

また、チェーン店の場合には定期で転勤があり、慣れない店舗での仕事が続いたりし、精神的に負担が多い面もあります。これは、寿司チェーンだけに言える事ではなく、チェーン店を展開する他の飲食店にも同じことが言えます。また、週末ともなると、非常に混雑します。その為、土日祝日のお休みなどはなかなか取りにくいと言うことは覚悟しておかなくてはなりません。また、店舗配属ではなく、将来的には商品の開発や本部での営業活動など、様々なステップアップ制度が設けられているのもチェーン店の魅力です。そして、研修制度が充実してるチェーン店が多いですので、仕事へのモチベーションの低下を防ぎ、日々意欲を持ち続けて仕事をしていくことが出来ます。