居酒屋に転職

飲食店で居酒屋に転職をする場合

接客業の代表的なものには、飲食店があります。
人とかかわる仕事が好きなのであれば、飲食店に転職をしてもうまく働いていくことが出来るでしょう。
しかし接客をするのが好きとは言っても、どのように働きたいのかによって転職先を考えなくてはなりません。
出来るだけ昼間に働きたいのであれば、居酒屋などは避けるようにしなくてはなりませんし、夜間に働きたいのであれば、居酒屋が最適になります。

飲食店の中でも居酒屋は、他の飲食店にくらべて元気の良さが求められるようになります。
お客様には大きな声で挨拶をし、どんな時でも明るく元気よくするのが接客をするうえで大切な事です。
大きな声を出すのが苦手だったり、人見知りの人には向かない仕事になります。
向いているのは、スポーツ会系の人で、元気いっぱいの人に向いています。

居酒屋では、追加オーダーがどんどんくるようになります。
ドリンクのおかわりも頻繁にありますし、料理の追加も頻繁に受けるようになるでしょう。
その度に、お店の中を歩き回らなくてはなりませんので、体力も必要な仕事になるのです。
忙しくなってくると、常に歩き続けなくてはなりませんが、お客様と接する機会も多いですので、笑顔を絶やさないようにしていきましょう。

居酒屋に転職をすると多くの場合、まかないを食べさせてもらえることがあります。
まかないがある事によって、夕食代が浮くようになりますので、食費の節約をすることが出来るのです。
転職時に給料が低いと感じたとしても、夕食代が浮くことを考えると、さほど安くない場合もありますので、よく計算をしてみるといいでしょう。
自炊をしている人であれば、さほど夕食代はかかりませんが、コンビニなどに夕食を購入しに行くと、余分なものまで購入するようになりますので、千円位はすぐ支払う事になり、高くついてしまいます。

一カ月に二十日働いたとして毎日千円が浮くのであれば、一カ月で二万円もの節約につながることになるのです。
その点も考えながら転職先の給料を見ていくようにしましょう。
飲食店で働いていく上では、従業員同士の連携がとても大切になります。

うまく連携が取れていなければ、お客様に早く料理を届けることが出来ませんので、クレームにつながってしまいます。
クレームが出ればそのお客様は二度と来店してくれないかもしれませんので、従業員同士でうまく連携を取るようにし、仕事をこなしていくようにしなくてはなりません。